ママとこどものはいしゃさん亀戸院ママとこどものはいしゃさん亀戸院

ご予約・お問い合わせ:03-3637-7860

ママとこどものはいしゃさん亀戸院

ママとこどものはいしゃさん亀戸院|亀戸駅の小児歯科ママとこどものはいしゃさん亀戸院|亀戸駅の小児歯科
医院情報医院情報
小児歯科小児歯科
小児矯正歯科小児矯正歯科
マタニティ歯科マタニティ歯科

子どもの歯科検診

お子様のお口の発達段階に合わせた歯科治療

<1本目の乳歯が生えてきたら歯科検診へ>
「子どもの歯科検診は、いつから始めるべき?」とお悩みの親御さんはいらっしゃいますか?
お子様の歯科検診は、乳歯が生え始めたころからのスタートがおすすめです。個人差はありますが、8~9カ月頃に下の前歯が生えてきます。そのタイミングで最初の検診を受けて、引き続き歯科医師の指示に従って定期検診に通うと良いでしょう。
乳歯が生え始めた頃から検診に通っていれば、お子様のお口の発育段階に合わせた適切な予防や治療を行うことができます。
小さい頃から歯科医院に慣れ親しんでいると、歯の治療に関する苦手意識を持つことがなく、歯のケアのために歯科医院に通うことを習慣づけられます。大人になった時には虫歯や歯周病になりにくい、健康なお口の環境ができあがっていることでしょう。
お子様が将来、きれいな歯並びの笑顔が素敵な大人に成長するのが楽しみですね。

ブロックの写真

小児矯正について

小児矯正は身体へ負担が少なくて経済的

最近の子どもは小顔になってきていることから、顎も小さい傾向にあります。
すべての歯がきれいなアーチ型を描くように並べるスペースがないため、自然な成長に任せていると、
歯並びがガタガタに乱れやすいという特徴があります。
見た目にも影響が出ますし、噛み合わせがうまくいかなくなって、身体の成長の妨げにもなりかねません。
そのため、小児矯正で歯並びをきれいに整える必要があります。子どもの矯正は大人と違い、身体の発育に合わせて進めていくことができます。大人のように抜歯して歯を動かすスペースを作るのではなく、歯が正しい位置に並べるように発育を促す形で矯正を進めていくことができるのです。
早くから始める方が抜歯を伴う大掛りな矯正をしなくて済みますので、お子様の身体への負担も、治療費用も少なくて済みます。
定期検診に通っていれば、適切な時期に矯正を始めることができるのも大きなメリットです。