ママとこどものはいしゃさん亀戸院ママとこどものはいしゃさん亀戸院

ご予約・お問い合わせ:03-3637-7860

ママとこどものはいしゃさん亀戸院

ママとこどものはいしゃさん亀戸院|亀戸駅の小児歯科ママとこどものはいしゃさん亀戸院|亀戸駅の小児歯科
医院情報医院情報
小児歯科小児歯科
小児矯正歯科小児矯正歯科
マタニティ歯科マタニティ歯科

妊娠期間の歯科治療について

妊婦さんも歯科治療を受けられます

「妊娠中に歯科治療を受けてもいいの?」と気にされる方がいらっしゃいますが、結論からいうと問題ありません。
歯を削って詰めるような虫歯治療に関しては、いつも通りに行うことができます。神経を抜く、抜歯をするといった治療についても特に問題なく行うことができます。
その際、麻酔や投薬、レントゲンが必要となったとしても、基本的にはおなかの赤ちゃんに影響がでることはないと考えて大丈夫です。
とはいえ、歯科治療をスムーズに受けられるかどうかは妊婦さんの体調にもよります。お口に治療に使う器具が入る事さえ受け付けない場合もあると思います。
妊娠期間に歯科治療を受ける場合は、安定期である妊娠5カ月~7カ月の間に受けるようにするとよいでしょう。妊娠初期と、おなかが大きくなる8カ月以降は母体への負担をかけないように治療は避けるほうが望ましいといえます。
それまでは応急処置をして様子を見ることも可能です。

妊婦さんも歯科治療を受けられます

妊娠中の親知らずの抜歯

親知らずの抜歯など、大がかりな治療は避けるほうがベターです。抜歯となると、外科処置と等しい治療になるため、
経過によっては抗生物質や痛み止めの薬などが大量に必要となる場合があるからです。
応急処置では済まず、どうしても大がかりな治療が必要な場合は、歯科医師が妊婦さんのかかりつけの産婦人科の医師と連携し、安全を確保しなから治療を進めます。まずは歯科医師に相談して、お口の症状の確認から始めてください。
お口のトラブルを「我慢できる」と軽視して放置していると、とりかえしのつかない事態に陥ることがあります。
「妊娠しているし、今、歯医者に行っても仕方がない」などと自己判断せず、まずは歯科医師に相談を。歯科医師からお口の症状に合わせた今できる最善の処置の方法について提案を受けられます。

妊娠中の親知らずの抜歯

妊娠中は歯周病になりやすい時期

妊娠中は、ホルモンバランスが大きく変化するため、歯が悪くなりやすい時期です。これまで虫歯になったことがない、というほど歯が丈夫な方でも、急にお口の環境が変わり、歯ぐきに炎症が起こったり、歯ぐきから血が出たりといった症状を伴う歯周病を発症することがあります。
つわりがひどくなると、お口に歯ブラシを入れることがつらくて歯のケアが行き届かなくなって歯周病が悪化することが多いのも原因のひとつです。
また、歯周病菌の中には、女性ホルモンが増加したお口の環境を好んで繁殖する種類があるのも、歯周病が悪化しやすい原因です。女性ホルモンは歯ぐきの間からじわじわとにじみ出してくるので、妊婦さんのお口の中は、歯周病菌にとってこの上なく活動しやすい環境になるというわけです。

歯ブラシの写真

妊婦歯科検診を受けましょう

無菌で産まれてくる赤ちゃんに早くから虫歯菌をうつさないためにも、妊娠期間中こそしっかりと歯科医院でクリーニングを受けて、お口の中の菌を減らし、清潔に保っておくことが大切です。
毎日の歯磨きと歯科医院でのクリーニングが歯周病治療の基本です。歯周病は、すぐに本格的な治療ができなくても、プロによるクリーニングを受けるだけで症状が驚くほど改善することがあります。
妊娠期間中、「今はまだ特に歯に異常は感じられない」という場合でも、口内環境が悪化しやすい時期であることは確実です。行ける時に妊婦歯科検診を受診し、早期に予防・対策を講じておくようにしましょう。

妊婦歯科検診を受けましょう